Midorigaoka Music School's BLOG

自由が丘、田園調布、武蔵小杉、品川エリアでリトミックを取り入れたバイオリンのレッスンを実施している緑が丘音楽教室の公式ブログです。

公式サイトはこちら

2020-08-21

バイオリン発表会の紹介

written by: Midorigaoka Music School Teacher

keywords: 自由が丘 バイオリン教室, 田園調布 バイオリン教室, 武蔵小杉 バイオリン教室, 品川 バイオリン教室

 はじめに

こんにちは。今回は、緑が丘音楽教室で定期的に開催しているバイオリン発表会について、紹介します。

 バイオリン発表会の概要

基本的に、生徒さんお一人お一人が個人曲を演奏し、最後に参加者全員で合奏曲を演奏します。演奏には、ピアノ講師の伴奏が入ります。

 バイオリン発表会の意義

当教室では、バイオリン発表会を通じて、生徒さんによい影響を与えることができると考えています。

  • 最後まで演奏し切ることで、自信をつけ、自己肯定感を育む。
  • 他の生徒さんの演奏を聞き、自らの目標を見つける。
    発表会が終わった後「○○さんが上手かった」や「あの曲が弾きたい」といった感想をよく聞きます。目標を持つことで、モチベーションに繋がります。
  • 合奏曲等を通じて、生徒さん同士の交流のきっかけとなる。
    「○○くんは何の曲を弾いているの?」といったことを話してくれる生徒さんも多く、お互い刺激しあえる良いライバルとなっているようです。

 個人曲の選曲について

発表会で演奏する個人曲を選定する基準は「生徒さんのレベルよりも少し難しいが、頑張ればできる」を基本にしています。生徒さんの希望も踏まえ、相談しながら一緒に選びます。

 合奏曲について

発表会の参加者全員で弾くことができる曲を、講師が選曲しています。生徒さんのレベルに合わせて、パート分けを行います。

 最後に

緑が丘音楽教室のバイオリン発表会についてイメージしていただけたでしょうか。

※ バイオリン発表会の参加は任意です。人前で発表するのが苦手という生徒さんや、希望されない大人の方は、参加しない選択も可能です。

 バイオリン・リトミックを学びませんか?


緑が丘音楽教室では自由が丘、田園調布、武蔵小杉、品川エリアでリトミックを取り入れた子ども向けバイオリン、大人向けバイオリン教室を開講しています。詳しくは、こちらのページをご覧ください。

ブログトップへ戻る

 PROFILE(#Violin)

武蔵野音楽大学器楽学科卒、同大学特修科修了。公立学校教員、大手音楽教室講師経験。九州を中心としたオーケストラや室内楽メンバー、音楽講師として活動。中高第一種教員免許、リトミック研究センター認定講師。こども教育センター認定英語リトミック講師養成講座受講。


 PROFILE(#Staff)

緑が丘音楽教室のスタッフ。


 KEYWORDS


 ARCHIVE