Midorigaoka Music School's BLOG

自由が丘、田園調布、武蔵小杉、品川エリアでリトミックを取り入れたバイオリンのレッスンを実施している緑が丘音楽教室の公式ブログです。

公式サイトはこちら

2020-08-30

曲紹介:バッハ無伴奏バイオリンのためのソナタとパルティータ

written by: Midorigaoka Music School Teacher

keywords: 無伴奏バイオリンのためのソナタとパルティータ, バッハ, シャコンヌ

 はじめに

今日は、バッハ作曲の無伴奏バイオリンのためのソナタとパルティータついて、簡単な曲紹介と、私がおすすめする音源について紹介します。

 バッハについて

ヨハン・セバスティアン・バッハ(ドイツ、1685〜1750)は、バロック時代に活躍しました。様々なオルガン、クラーヴィア、声楽曲、器楽曲を残し「音楽の父」と呼ばれる偉大な作曲家です。

 曲紹介

「無伴奏バイオリンのためのソナタとパルティータ」はソナタ3曲、パルティータ3曲からなるバイオリン独奏曲です。

  • ソナタ 第1番ト短調(BWV1001)
  • パルティータ 第1番ロ短調(BWV1002)
  • ソナタ 第2番イ短調(BWV1003)
  • パルティータ 第2番ニ短調(BWV1004)(第5楽章:シャコンヌ)
  • ソナタ第3番ハ長調(BWV1005)
  • パルティータ 第3番ホ長調(BWV1006)

特に、パルティータ第2番の第5楽章(シャコンヌ)は有名です。「シャコンヌ」はスペイン起源の器楽形式の一つで、3拍子の舞曲です。

 おすすめの演奏

バッハの無伴奏作品には多くの音源がありますが、特に、スペイン生まれのバイオリニスト、フェリックス・アーヨ氏による演奏をおすすめします。優しく芯があり、聴いた後に自然と心が落ち着き、そして元気になることができます。

 最後に

今日はバッハの「無伴奏バイオリンのためのソナタとパルティータ」について簡単に紹介しました。今なお世界中を魅了するバッハの代表作を、ぜひ一度聴いてみてはいかがでしょうか。

 バイオリン・リトミックを学びませんか?


緑が丘音楽教室では自由が丘、田園調布、武蔵小杉、品川エリアでリトミックを取り入れた子ども向けバイオリン、大人向けバイオリン教室を開講しています。詳しくは、こちらのページをご覧ください。

ブログトップへ戻る

 PROFILE(#Violin)

武蔵野音楽大学器楽学科卒、同大学特修科修了。公立学校教員、大手音楽教室講師経験。九州を中心としたオーケストラや室内楽メンバー、音楽講師として活動。中高第一種教員免許、リトミック研究センター認定講師。こども教育センター認定英語リトミック講師養成講座受講。


 PROFILE(#Staff)

緑が丘音楽教室のスタッフ。


 KEYWORDS


 ARCHIVE