Midorigaoka Music School's BLOG

自由が丘、田園調布、武蔵小杉、品川エリアでリトミックを取り入れたバイオリンのレッスンを実施している緑が丘音楽教室の公式ブログです。

公式サイトはこちら

2020-10-15

バイオリン教室の選び方(前編)

written by: Midorigaoka Music School teacher

keywords: バイオリン教室, 選び方

 はじめに

バイオリン教室に通われることを検討されている方の中には、どのように選べばよいか分からず困っている方もいるのではないでしょうか。今回は、バイオリン教室の選ぶ際のポイントについて前編・後編に分けて解説していきたいと思います。

 バイオリンを習う目的と教室の方針がマッチするか

緑が丘音楽教室では、ご自身がバイオリンを習う目的と音楽教室の方針が合致することが、最も重要なポイントであると考えています。

例えば、幼児教育や大人の趣味として習いたいという場合は、リトミックやソルフェージュといった幼児教育の要素を取り入れていたり、明確に趣味のためのバイオリンレッスンと謳っている教室を選ばれるのが良いかと思います。
音楽高校や音大受験を目的として習われることを検討されている場合は、専門に教えていらっしゃる先生に習われるのが良いかと思います。

ウェブサイトを持っている音楽教室の場合、コンセプトや講師紹介のページに教室の方針が掲載されていることが多いので確認してみてください。

緑が丘音楽教室ではこちらのページに教室の方針を掲載しています。気になる方はチェックしてみてください。

 教室の環境や雰囲気はよいか

先ほど記述した「先生との相性」とも重なる部分がありますが、教室の環境や雰囲気を知ることもとても重要です。習いたいと思えるような教室かどうか、体験レッスンを受ける際にチェックすることをお勧めします。以下にチェックすべきポイントを挙げます。

  • 必要な設備が整っていること(ピアノなど)
  • 教室の雰囲気がよい、快適であること
  • 教室は清潔な状態が保たれていること(新しいかではなく、お手入れが行き届いていること)

緑が丘音楽教室の自由が丘教室の設備や空間についてこちらのページで紹介しています。

 体験レッスンを実施しているか

教室が体験レッスンを実施していることは、ほぼ必須の要素と思っていただいて良いかと思います。上述してきた通り、先生との相性や教室の環境・雰囲気は実際にレッスンを受けることで初めて体験することができるためです。
体験レッスンは無料で実施している教室もあれば、会場費が必要な教室、有料で実施している教室もあります。ほとんどの教室は、無料〜数千円程度で体験できますので、気になる教室の体験レッスンは是非受けられてみてください。

緑が丘音楽教室では自由が丘教室をはじめとした各教室でバイオリンの体験レッスンを実施しています。

 最後に

今回は、バイオリン教室の選び方について解説しました。後編でも教室を選ぶ際の重要なポイントについて解説します。ぜひ、記事をチェックしていただき、バイオリン教室選びの参考にされてください。

 バイオリン・リトミックを学びませんか?


緑が丘音楽教室では自由が丘、田園調布、武蔵小杉、品川エリアでリトミックを取り入れた子ども向けバイオリン、大人向けバイオリン教室を開講しています。詳しくは、こちらのページをご覧ください。

ブログトップへ戻る

 PROFILE(#Violin)

武蔵野音楽大学器楽学科卒、同大学特修科修了。公立学校教員、大手音楽教室講師経験。九州を中心としたオーケストラや室内楽メンバー、音楽講師として活動。中高第一種教員免許、リトミック研究センター認定講師。こども教育センター認定英語リトミック講師養成講座受講。


 PROFILE(#Staff)

緑が丘音楽教室のスタッフ。


 KEYWORDS


 ARCHIVE