Midorigaoka Music School's BLOG

自由が丘、田園調布、武蔵小杉、品川エリアでリトミックを取り入れたバイオリンのレッスンを実施している緑が丘音楽教室の公式ブログです。

公式サイトはこちら

2020-10-18

オペラの勧め

written by: Midorigaoka Music School teacher

keywords: オペラ, 歌劇

 はじめに

オペラは音楽と演劇が融合された、スケールが大きく奥が深い総合舞台芸術です。今回は、バイオリンやリトミックの話題からはやや逸れますが、非常に魅力的なオペラの世界について多くの方に知っていただきたく、簡単ではありますが、少しお話しさせていただきます。

 オペラとは

オペラは「歌劇」とも訳され、歌により進行する劇と説明することができます。通常、演劇ではセリフはあくまで読むものですが、オペラではこのセリフを歌うことで表現します。
オペラとミュージカルを混同される方もいらっしゃるかもしれません。オペラがクラシック音楽が基本であるのに対して、ミュージカルはジャズなど様々な音楽である点や、オペラが歌が中心である点など、オペラとミュージカルは大きく異なります。

 オペラの種類

オペラには約400年の長い歴史があります。16世紀のイタリア・フィレンツェにて、古代ギリシャの悲劇を復活させようとしたことが始まりと言われています(これらはオペラ・セリアと呼ばれています)。その後、イタリアのみならず、ヨーロッパ各地で以下のように様々な種類のオペラが生み出されました。

  • イタリア・オペラ
    前述の通り、オペラはイタリアから始まりました。プッチーニ「トゥーランドット」や「蝶々夫人」、ヴェルディ「椿姫」など数々の名作がイタリア・オペラにはあります。
  • ドイツ・オペラ
    ジングシュピールはドイツ語によるオペラを言います。代表的な作品としてモーツァルト「魔笛」やウェーバー「魔弾の射手」が挙げられます。
  • フランス・オペラ
    フランスということで、バレエが多用されている点や美しい言語が非常に特徴的であると言えます。ビゼー「カルメン」などの有名作品があります。

 世界の歌劇場

世界三大歌劇場と言われる、スカラ座(イタリア・ミラノ)、コロン劇場(アルゼンチン・ブエノスアイレス)、オペラ座(フランス・パリ)。どれも圧倒的な美しさを誇る建築物と言えます。

オペラ座として親しまれているパリのガルニエ宮は、設計者のシャルル・ガルニエの名前を取って名付けられました。数年前、実際に訪れた際に写真を撮影していました。

オペラ座 観客席
オペラ座 舞台
オペラ座 内装
オペラ座からの眺望

 オペラ鑑賞に行ってみましょう

前述した作品はとても有名であるため解説も多く、日本での公演機会も多いため、特に初心者の方にお勧めです。公演に行かれる際は、作品について事前にある程度知っておくことでより一層楽しむことができます。

 最後に

最初にも述べましたが、オペラは芸術的要素がたくさん詰まった奥が深い世界です。ぜひ一度足を運ばれて、オペラの世界を体験してみてはいかがでしょうか。

 バイオリン・リトミックを学びませんか?


緑が丘音楽教室では自由が丘、田園調布、武蔵小杉、品川エリアでリトミックを取り入れた子ども向けバイオリン、大人向けバイオリン教室を開講しています。詳しくは、こちらのページをご覧ください。

ブログトップへ戻る

 PROFILE(#Violin)

武蔵野音楽大学器楽学科卒、同大学特修科修了。公立学校教員、大手音楽教室講師経験。九州を中心としたオーケストラや室内楽メンバー、音楽講師として活動。中高第一種教員免許、リトミック研究センター認定講師。こども教育センター認定英語リトミック講師養成講座受講。


 PROFILE(#Staff)

緑が丘音楽教室のスタッフ。


 KEYWORDS


 ARCHIVE